Top > 2015年12月 アーカイブ


2015年12月31日

綾瀬はるか マイク忘れ&「イグザイル」「小林さつこ」

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 06:41:40.12 ID:CAP_USER*.net
◇第66回NHK紅白歌合戦前日リハーサル(2015年12月30日 東京・NHKホール)

紅組司会の綾瀬はるか(30)は、ディズニーの人気キャラクターや白組司会の井ノ原らと歌って踊るスペシャルコーナー「ザッツ・SHOWTIME~星に願いを~」で、マイクを忘れたままステージに登場。井ノ原が自身のマイクを差し出しフォローしたが、スタッフが指摘して中断し、マイクを持って再登場した。

また、EXILEを「イグザイル」と紹介し、井ノ原が「エグザイルですね」と訂正すると、照れ笑い。小林幸子の紹介でも「小林さつこさん」とかんで「へへっ」と笑いながら言い直し、天然ぶりをさく裂させた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00000002-spnannex-ent
スポニチアネックス 12月31日(木)5時53分配信

no title

続きを読む

三代目J Soul Brothersがレコード大賞連覇!史上7組目

no title

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 21:58:11.91 ID:CAP_USER*.net
「第57回輝く!日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)の授賞式が30日、東京・初台の新国立劇場で開かれ、優秀作品賞10作品の中から三代目J Soul Brothersの「Unfair World」が大賞に決まった。2年連続受賞は史上7組目。最優秀新人賞にはこぶしファクトリーが選ばれた。

 感激の初受賞から1年、ふたたび大賞の名を呼ばれた「三代目…」。メンバーの高橋みなみ(24)が来年3月の卒業を控えるAKB48や氷川きよし(37)など、過去に大賞受賞歴のあるアーティストが優秀作品賞に入る中、その激戦を制した。一昨年の兄貴分となるEXILEの「EXILEPRIDE~こんな世界を愛するため~」、昨年の「R.Y.U.S.E.I.」に続き、「EXILE TRIBE」で3連覇となった。

【過去10年の大賞受賞者】

第46回(2004年)Mr.Children

第47回(2005年)倖田來未

第48回(2006年)氷川きよし

第49回(2007年)コブクロ

第50回(2008年)EXILE

第51回(2009年)EXILE

第52回(2010年)EXILE

第53回(2011年)AKB48

第54回(2012年)AKB48

第55回(2013年)EXILE

第56回(2014年)三代目 J Soul Brothers

スポニチアネックス 12月30日(水)21時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000143-spnannex-ent

続きを読む

【AKB48】渡辺麻友の後ろに怪物が・・

1: 47の素敵な(庭)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 21:32:33.66 ID:5ikDCpcr.net
誰よ?
no title

続きを読む
タグ:

香取慎吾残念…紅白司会「来るかなと」

no title

1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 12:54:59.71 ID:CAP_USER*.net
「第66回NHK紅白歌合戦リハーサル」(30日、NHKホール)

 SMAPが音合わせを行った。今年は「NHKのど自慢」にグループとして出演し、香取慎吾が特別MCを務めた。こうした経緯から香取は「もしかしたら紅白(の司会のオファーが)くるんじゃないかな…と思っていたんですけど、イノッチ(V6・井ノ原快彦)でした」と漏らした。

~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~

デイリースポーツ o2015年12月30日
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/12/30/0008686131.shtml

続きを読む

「下町ロケット」続編でもあの棒演技芸人は不要!?

1: ダークホース ★@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 10:07:32.70 ID:CAP_USER*.net
阿部寛の主演ドラマ「下町ロケット」(TBS系)最終回の視聴率が今年の民放連ドラ1位22.3%を記録した

ドラマの内容もさることながら、視聴者の話題にのぼったのが、今田耕司と吉川晃司の“Wこうじ”が見せた「棒演技」だ

「近年、いろんな芸人が役者に進出していますが、今田の棒読みは異次元のレベルだった。吉川もかなりの棒っぷりでしたが、それはそれで味のある棒読みでした。こうじ対決は吉川の完勝です」(テレビ誌ライター)

すでにTBSでは続編を作る方向で話が進められているとも言われている。

「最終回では土屋太鳳演じる阿部の娘がいつの間にか帝国重工に入社していたり、吉川演じる財前部長が、ロケットの打ち上げ成功を見届けるや、スーツケース2つを持ってどこかに出かけたり、初めての悪役だった小泉孝太郎が最後の最後に出てきて 『次こそこのバルブで私が勝つ』と宣言するなど、続編への伏線がこれでもかと散りばめられていました」(芸能ライター)

阿部のスケジュールがいっぱいの関係で「スピンオフ作品」の可能性も浮上しているが、その際は「こうじ」の選択をくれぐれも間違わないようにしていただきたい。

http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_49995/

今田耕司
no title

続きを読む
   

アクセスランキング ブログパーツ